MENU

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦であってもお金を借りる方法があります。
銀行カードローンと配偶者の同意を得て審査する配偶者貸付があります。

銀行カードローン

銀行カードローンの利用は申込者本人のみの確認になるので夫にバレることはありません。
専業主婦が申込めるのは総規制対象外である銀行のカードローンです。
一定の借入額までは収入証明書も不要で、即日融資も可能です。
夫の同意や、配偶者の各種証明書類も必要ありません。
スマホで申し込み、店舗に行かなくてもネットだけで完結するので、家を空けられない方にも便利です。

配偶者貸付

総量規制により、消費者金融での借入は配偶者貸付制度のみに制限されています。
配偶者貸付では夫の同意が必要なため、夫にバレずに利用することはできません。

配偶者貸付に必要な書類
  • 配偶者の同意書
  • 夫婦関係を証明する書類(住民票など)
  • 配偶者の収入証明書

銀行カードローンで借入できる理由

消費者金融は貸金業法の総量規制のため、申込ができませんが銀行カードローンなら総量規制対象外なので専業主婦自身が申込むことができます。
銀行は貸金業法ではなく、銀行法で営業しているためです。
実際に専業主婦に貸すかどうかは各銀行の判断にゆだねられており、銀行カードローンの中でも専業主婦が借りられるものと借りられないものがあります。
専業主婦に貸付をしている銀行でもその条件に配偶者に安定して収入があることをあげています。

銀行カードローンに必要なもの

本人確認書類が必要です。
夫の同意は必要ありません。
専業主婦に収入証明を求めることも、夫の収入証明を提出する必要もありません。

カードローンの審査を通過するための条件

銀行カードローン

審査通過条件について特別な違いはなく、申告した事項や書類に偽りはないか、今までに返済が遅れるなど信用情報に問題はないかが基本条件となります。
専業主婦の申込には、世帯収入の入力が必要です。
申込時に入力のミスがあると虚偽の申請になってしまうので充分に注意が必要です。
借り入れする金融機関に口座を開設しておくなどの対応で、スムーズに審査が進む場合があります。
口座開設時に本人確認をしている場合、カードローンの契約時の本人確認が省略される場合があります。

配偶者貸付

申込者の信用情報だけでなく、配偶者の借入金額も確認されます。
審査自体は申込者が対象ですが、金額については配偶者との合算の年収の1/3になるため、配偶者の収入のほかに配偶者の借入も調査されます。
配偶者の借入がある場合は合算した年収の1/3から配偶者の借入金額を引いた残りの金額が貸付可能な金額です。
限度額がいくらになるかはそこからまた審査によって決まります。

 

参考サイト

専業主婦でも借りられるカードローンでは主婦が借りることが出来るカードローン会社がまとめられています。
借入先が知りたい方要チェックです。

 

参考サイトタイトル:かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!
サイトURL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html

 

 

日本銀行では金融システムや金融政策について紹介されています。
資金について知りたい方必見です。

 

参考サイトタイトル:日本銀行
サイトURL:https://www.boj.or.jp/about/link/gov.htm/