無職の専業主婦のキャッシング利用がOK

MENU

総量規制とは

カードローン選びにおいて忘れてはならないのが総量規制という法律です。
借入総額が年収の1/3を超える融資は受けられないという規制で、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者を対象としています。
これに対して銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外となっています。

 

つまり無職で年収ゼロの専業主婦が借りられるのは銀行カードローンだけなのです。
銀行系カードローンは金利も低めで、信用度が高いため人気があります。
総量規制の縛りがないため借入限度額も幅広く対応しており、おまとめローンとして利用する人も多くなっています。
専業主婦の場合はどうしても返済能力の面で信用度が低いため、利用限度額はある程度少額に設定されています。

 

銀行が提供しているカードローン商品の中でも「専業主婦OK]など、利用条件に明記されているものを選びましょう。
専業主婦の借入には配偶者に安定した収入があることが条件となっています。
でも限度額が低いため、収入を証明する所得証明書や夫の同意書は一切不要で申し込むことができます。

 

これなら旦那さんにバレる心配もありません。
申込方法はスピード審査が可能なインターネットを使えばさらに安心で便利です。
パソコンやスマホから簡単に手続きができ、誰にもバレずに申込が可能です。
さらにカード受け取りは自動契約機で行い、自宅へ郵送されないようにしておけば万全です。
契約とカード受取には本人確認書類が必要になるので忘れずに準備しておきましょう。

 

専業主婦が借り入れするなら、ズバリ銀行カードローンがオススメです。
専業主婦向け商品ならご主人の収入証明書など不要で申込みでき、仕事場に連絡がいくようなこともありません。
契約時の手続きも簡単で、スピーディにお金が借りられることがメリットとなっています。

 

貸金業者である消費者金融やクレジットカード系のカードローン会社では総量規制という法律があるため、年収ゼロを理由に原則として専業主婦は融資を受けることができません。
夫と妻の年収を合算して借金する配偶者貸付という方法が利用できる可能性もあるのですが、書類などが面倒なため実際に利用するケースは多くありません。
銀行は総量規制対象外で、専業主婦でも保証人なしで安心して借入れができます。