MENU

専業主婦の審査基準は?旦那も審査の対象?

配偶者の収入
まず確認されます。世帯で収入があるかどうかはやはり必要なことといえます。

信用情報

銀行カードローンでは、銀行関連のローンやクレジットカード利用に関する個人情報を参考にしています。
しかし、他にも取引情報や不渡情報などの細かな情報もわかるようになっていますので、
申請した内容を照らし合わせて比較して記入漏れや嘘がないか確認されてしまいます。
そのため、個人情報に嘘があれば審査の時点ですぐにバレてしまいます。
自分をよく見せようと嘘をついても、結果的に信用をさげてしまうので嘘をつかないようにしましょう。

融資希望金額

少なければ少ないほど審査には有利となります。
一気に多額を申請してしまうと、お金に困っている人だと判断されかねません。
少額で申請しても、信用できる人と判断されれば限度額がそれ以上となる場合もあります。

属性

属性は『申込者のランク付け』と言えるでしょう。
チェックされているのは職業関連、電話番号、家族構成、保険の種類、住宅の情報などです。
各社で重視する項目が異なるので一概にどこがいいとよいというのはありません。
一番いいのはまんべんなく問題ないことです。

申込み前にできる対策とは?

落ちてしまうのが怖い!と誰でも思うものです。
申込みの前に以下のことをもう一度確認しておきましょう。

専業主婦OKのところに申し込む

当たり前のことですが、専業主婦の方が専業主婦OK以外の場所に申し込んでしまっては
審査に落ちてしまいます。
今一度自分が申込もうとしているところが専業主婦でも借入れ可能なところなのかチェックしておきましょう。

入力内容を間違えない

これも当たり前のことかもしれませんが、間違えてしまえば嘘ついているのではないかと思われやすくなってしまいます。
また、真面目ではない、雑な人とみなされる場合もあり、いずれにせよ審査ではよくない評価となってしまいます。
申請前に変換ミスや打ち間違えがないかどうか丁寧に確認するようにしましょう。

半年にたくさんのカードローン会社に申し込まない

短い期間にたくさんのカードローンに申し込まないようにしましょう。
審査では、かなりお金に困っている人と評価を受けてしまいます。この情報は金融機関どうしで共有されてしまうので
銀行も例外ではありません。
せめて半年で3社にしておきましょう。半年経つと申込み情報が消えます。
また、申請する銀行のカードローンの条件等をしっかり確認するようにし、落ちる可能性の低いところに申請しましょう。

借入額を偽らない

もし他社で借りている人がいる場合、他社での借入額を確認されてしまいます。
その上で申請した金額と確認した金額が違えば、嘘をつく人と判断されてしまいます。
そのためにも、申請の際にはかならず確認するようにしておきましょう。

・他社借入件数を減らす

これも他社で借入している場合ですが、平均して3件以上の借入があると新たに申し込んでも審査が通る可能性が
低くなってしまいます。件数を減らした上で申込むようにしておきましょう。

 

年収ゼロの専業主婦の場合、自分以外も審査されるのか不安になりますね。
でも実際には申込みした本人だけを審査対象とするカードローンがありますから心配無用です。
それは銀行の個人向けカードローンで、専業主婦向けの専用枠がある商品です。
夫に定期収入があるという条件をクリアしていれば申込可能で、手続きもすごく簡単な点がメリットです。
所定の時間までの受付で、最短で申し込んだその日にキャッシングできる可能性もあります。

 

準備が必要なのは運転免許証など本人確認書類だけで、収入証明などの書類提出は不要で融資を受けられるのもポイントです。
このように利便性の高い銀行カードローンですが、必ずしも審査に通るとは限りません。
過去に延滞や債務整理があったり他社からの借入額が多いことなど、返済能力や信頼性の低さが理由で審査落ちする可能性もあります。